« タケウチ本のミルクハース | トップページ | 休日ランチにパンを焼く »

2010年4月25日 (日)

おいしくてびっくりしたロールケーキ

それほど大きく期待して焼いたわけではなかったので、食べてみて予想外のおいしさにびっくりしたロールケーキ。
うれしい誤算!?とまでいったら著者の福田さんに失礼か・・・

最近このロールケーキ本を買いました
41p00u7cnl_sl500_aa300_
ロールケーキは大好きなので、テーマ的には即買い!なのですが、買うに当たってはしばらく悩みました。
その訳は・・・残念な写真がいくつかあるからです。
この本をお持ちの方や本屋でじっくりご覧になられた方はおわかりかと思うのですが、はっきりいって致命的な1枚があるのです。
それを見ちゃうとロールケーキの本を出しちゃうほどロールケーキ作りが得意なの??って疑ってしまいたくなるくらい。
そんな感じで、しばらく悩んでいたんですが、結果的には購入にいたり・・・

買ったからには作らなくちゃね。と早速作ってみました。

まずは一番好きな「共立て」のロールを。
Dscf7551

生地の配合にも変わったところはないし、中のクリームもかの有名な「フロール」と同じ配合(?と思ったので、フロールの本と並べて確認してみました)。
だからそれほど期待せずに作ったのですが、これが予想を裏切るおいしさ!
いや〜〜〜おいしかったです。

やっぱり私は「共立て」の生地の食感が好きなのですね。
この辺りは個人の嗜好の問題ですので、皆様にお勧めするものではありません。
むしろ「別立て」の生地をお好きな方の方が世間的には多いのでは?と思っていますし。

この本で紹介されている他の生地も順番に作ってみたいと思います。
でも、これが簡単でおいしかったからまたコレを作っちゃうかも。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

|

« タケウチ本のミルクハース | トップページ | 休日ランチにパンを焼く »

コメント

偶然に感動してしまい、ブログのまとめ読みの後
コメントしてしまいました。

なんと!私もこの本を購入してました(*^_^*)
確かに残念な写真…わかります。私も思わず
「え~?これでいいの?」と言ってしまった。
でもこの本のまとめ方が気に入ったんですよね~。
私はまだレシピ熟読中で、どれにもチャレンジしてないけど、akaneさんが絶賛するなら間違いないね。
近々チャレンジしま~す。

投稿: minapin | 2010年5月 2日 (日) 22:14

>minapinさん

そうそう、「これでいいの?」の写真あるでしょ。
とても残念なのです。

それで、テーマ的にはビンゴ!なのだけど購入をしばらくためらっていたんですよー。
でもね、友達で福田さんのファンという人がいて、その人に「福田さんのレシピはおいしいよ」と聞いたので、買っちゃいました。

私はまだ「共立て」の1種類しか作ってないけど、少なくともこのレシピはおいしかったです。
簡単なので作ってみて。
あ、クリームに使うホワイトチョコは是非クーベルチュールで。
以前、普通の板チョコのホワイトチョコでやったらなんかくどくって、やっぱりお味はいまひとつだったのです。
今回はおいしかった!ので、当然ながら使うチョコは重要なのです。

投稿: akane | 2010年5月 3日 (月) 06:29

なるほど~。勉強になります。
やっぱり、お菓子も追求すればするほど材料にもこだわっちゃいますよね~。
だから、見た目失敗した時の落胆は激しかったりします。
先日作ったココア生地のスイートブール(チョコチップ入り)は、akaneさんのみたいにきれいに全体を覆わず、片側にずり落ちましたー。しばらく、オーブン前に座り込んでしまいましたよ(T_T)

投稿: minapin | 2010年5月 5日 (水) 22:28

>minapinさん

「見た目」ってやっぱり大事だと思います。
よく、見た目はちょっと・・・でも、味はおいしい。なんて言うけど(私も言うけど)、見た目もきれいに出来上がったものの方が、味もおいしい!と思います。

ココア生地のスイートブールを作られたんですね!すごい。おいしそう〜〜〜
でも確かに、ずるっといっちゃうとへこみますね。
やっぱ上にきちんとのっかってて欲しいですよね〜〜〜

投稿: akane | 2010年5月 7日 (金) 12:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/71193/48175301

この記事へのトラックバック一覧です: おいしくてびっくりしたロールケーキ:

« タケウチ本のミルクハース | トップページ | 休日ランチにパンを焼く »